自分診断とは

自分診断は株式会社エスワイティのオリジナル特性診断テストKATS(Key Analyzing Technical System)(キャッツ)を使用しています。

KATSは、『3匹の子ぶた』の童話をつかった記述形式の経営者の資質分析として生まれました。
「その人がその人らしく成長し、活躍してほしい」という願いのもと、現在の形に進化。厚生労働省・大阪府をはじめとした官公庁事業、企業の採用や学習塾・学校の面談などで活用され、子どもから大人まで10万人以上の方に受検されています。

KATSでは「総合(性質特性)」「思考特性」「行動特性」「重点価値基準」「視座」「時間軸」の6観点で分析し、12,288通りに特性を分類しています。

人は、自身の特性を知り、その特性に合ったやり方をすることで、能力が伸びやすくなり、潜在力が発揮されやすくなります。
また、円滑なコミュニケーションには、自分と相手の特性を知り、自分との違いを理解することが不可欠です。これらを理解することで、ミスコミュニケーションが減ったり、ストレスが緩和したり、互いに敬意をもったりできるようになるのです。

タイトルとURLをコピーしました